鼻づまりでつまった症状もスッキリ!|鼻通し隊

鼻呼吸を快適にする

Medicine

鼻づまりに悩む人は少なくありません。鼻づまりは非常に不愉快なものですが長く続いて閉まっている人の中にはそれが日常的な物なり、慣れてしまう場合も少なくはありません。しかし、鼻呼吸は人にとって重要な作業であり、健康に大きく関わってくるものなのです。実際に慣れてしまえば口呼吸でも日常生活に支障をきたすことは無さそうなイメージがありますが、鼻づまりによって口呼吸だけで生活を行っていくことはジワジワと健康を害していっているのです。
口呼吸が続くことで顎を噛みしめる機会も大きく無くなり、顎関節症になったり、息切れが激しいといった症状も出てくるようになるでしょう。また鼻呼吸は外気に存在している風邪などのウイルスが体内に侵入するのを防いでくれるといった機能も持っています。口呼吸ばかりの生活が続いていれば、風邪を引きやすい状態であり常に熱があるなど、体調を崩しやすくなってしまう恐れもあるのです。
鼻の中には鼻中隔といったものがあり、この存在が左右の鼻の穴を隔て分けています。鼻中隔は軟骨と骨の板からなりっているものです。しかし軟骨の方が発達しやすいために骨とのバランスが悪くなることがほとんどで、鼻中隔がまっすぐの状態の人は少なく、成人の約9割は多少なりとも曲がっているとされています。
この鼻中隔の曲がりが大きいと、鼻づまりなどを起こしやすく嗅覚も弱くなってしまいます。こういった症状があるものを鼻中隔彎曲症と言います。鼻中隔彎曲症になってしまうと鼻づまりがひどくなり、頭痛や肩こり、さらに集中力の低下などが起こります。鼻づまりで鼻腔が狭くなってしまうと、鼻炎や副鼻腔炎になってしまう事もあるのです。
鼻中隔彎曲症を改善するためには、手術を行なう必要があります。鼻中隔矯正手術によって鼻中隔の軟骨や骨の曲がっている部分を除去し、まっすぐに矯正することが可能になります。
鼻呼吸をスムーズにすることで鼻づまりも解消されるでしょう。快適な毎日を過ごすためにも鼻中隔彎曲症は早めに改善するようにすると良いです。