鼻づまりでつまった症状もスッキリ!|鼻通し隊

日常の飲み物で治す

Medicine

鼻に炎症が起きてしまい腫れ上がると鼻の通りも悪くなり、鼻水が出て困ってしまいます。その症状を軽減させるための方法が昔ながらの知恵として提案されているので、参考にしながら辛い鼻づまりを改善しましょう。
これはなんとなく鼻がつまってしまって集中力が続かないという人が使うと、日々の取り組みが上手く行くようになります。集中力が続かないことで学習や仕事に支障をきたしているという人は、是非使ってみて欲しい方法です。
まず異物の侵入を防ぎ、鼻のとおりを良くするためには外出時にマスクをするなどの工夫が必要です。温度差も鼻づまりを生じさせる原因となるので、できるだけ寒暖の変化は付けないようにしましょう。鼻が冷えてきたと感じるのであればホットタオルなどで鼻を暖めたり、室温を上げたりするなどの工夫をしましょう。

また、食事やお茶の習慣を見直すことで鼻づまりを治すことができると言われています。カテキンはアレルギーに有効で、目の痒みや鼻水が出てしまうという症状に効果があるでしょう。
また、鼻通りを良くする方法として、ティータイムを利用するというのも一つの方法です。これはストレスを感じている時にリラックスをするために有効で、同時にカテキンが含まれたお茶を飲めばアレルギーにも良いという一石二鳥の効果があります。
抗アレルギー作用があるお茶としてはクマザサ茶などがあります。これらの昔から利用されてきたお茶を利用することでリラックスと自律神経の復調を目指し鼻づまりを治しましょう。